2018年2月21日水曜日

無期転換問題・東京連絡会のホットラインへ相談を

https://www.godoroso-zenkokukyou.org/grz/?p=5246


2018年4月1日から有期労働契約
(通算5年)の無期転換が始まります


 同じ企業との間で、有期労働契約が通算で5年を超えてくり返し更新された場合は、労働者の申し込みにより、無期労働契約に転換されます。2013年4月1日からカウントが始まり、2018年4月1日に権利が発生します。

 権利が発生した労働者が申し込みすると、使用者は申し込み承諾したとみなされます。使用者に拒否権はありません。1年契約の場合、2018年4月1日から2019年3月31日までの間に申し込みをすれば、そのまま承諾とみなされ、無期に転換されるのは、その契約が終了する翌日、つまり2019年4月1日から無期に転換となります。

①みんなで一緒に無期転換を申し込もう
②無期転換直前の「雇い止め」「試験制度」「クーリング(通算期間リセット)」を許さない
③労働組合で無期転換後の労働条件の改善を。「一生非正規」では暮らせない


無期転換問題・東京連絡会 ホットライン

電話番号: 03-6231-5031
メール: zenkokukyoml@yahoo.co.jp

●「無期転換のチラシをみた」「申し込みはどうしたらよいか」「労働相談したい」などの相談はホットラインへ
●2015年9月30日以降に労働者派遣契約を締結した派遣労働者には、2018年9月30日以降は派遣先企業が直接雇用契約を結ぶか、その前に雇い止めするかの選択が行われます。問い合わせ・相談ください。




❶ 職場と地域の仲間みんなで無期転換を申し込もう

 無期転換の申込権は法律上当然の権利です。通算5年となる労働者が申し込んだ場合、企業は必ず承諾しなければなりません。できれば職場のみんなで一緒に申し込みをしよう。
 組合に加入して地域の仲間と準備することもできます。「無期転換問題ホットライン」でモデル申込書も準備しています。

❷ 無期転換前の雇い止め・試験制度、クーリング(通算期間リセット)は許さない

 無期転換申込権が発生する前の雇い止めや試験制度、クーリング期間を悪用して、無期転換を妨害する企業に対しては、職場で組合を結成したり、私たち地域のユニオンに加入し、団体交渉を行おう。
 JR東日本の労働組合である動労千葉は、全員の無期転換を逃れるための試験制度の導入を労働組合の闘いによって面接だけにとどめ、全員の無期転換を実現しました。

❸ 無期転換後は長く安心して働ける職場をつくろう

 無期転換しても、低賃金で昇給もなく一時金(ボーナス)や退職金もない「一生非正規」では暮らしていけません。無期転換後に労働条件を切り下げる会社もあります。長く安心して働ける職場環境・労働条件・賃金を実現しよう。
 労働組合を結成したり私たちのユニオンに加入して、雇い止めなどが心配でガマンしていた年次有給休暇や残業代など法律上当然の権利を行使できるようにしよう。

❹ それぞれの労働組合でも取り組みを

 あなたの職場に労働組合があれば、ぜひ無条件の無期転換を要求する取り組みを始めて下さい。無期転換制度をテコにすべての労働者の正規雇用化を実現しよう。アウトソーシング(外注化)や派遣への置き換えに反対しよう。無期転換問題東京連絡会ではさまざまな取り組みの教訓を集めています。ぜひご報告をお寄せください。
 私たちは、非正規雇用をなくすための取り組みを強化したいと考えています。スタッフも募集中!詳しくはホットラインまでお願いします。

ホットラインへのリンク