2018年4月20日金曜日

5.1新宿メーデーに集まろう!

https://www.k-center.org/blog2/kc/2018/04/post-107.html


怒りを集め、力を合わせ、
いまこそ安倍を倒す時!

 ウソとカネにまみれた安倍にはもう我慢がなりません! 「命よりカネ」の政治を推し進めてきた政権・官僚まるごと腐りきっています。
 3月25日、私たちは国鉄千葉動力車労働組合や教育労働者の呼びかけで、「9条改憲発議絶対反対! 朝鮮戦争とめよう!」と訴え、「改憲・戦争阻止! 大行進」を開始しました。
 安倍政権は、森友・加計問題で危機に立たされながらも「2020年新憲法施行」にその延命を賭けています。そのために、かつて中曽根政権が「総評・社会党をつぶし、お座敷をきれいにして立派な憲法を安置する」と言って国鉄分割・民営化を強行したように、いま再び、改憲に向かって労働組合解体攻撃を始めようとしています。
 JR東日本では、会社がJR東労組解体に踏み出し、この1カ月余りの間に、4万6千人ほどいた組合員のうち約2万8千人が脱退したと言われています。また、会社の手によって、合理化に賛成する新組合や新組織の結成も始まりました。これと一体で安倍政権は、連合を分裂させることを狙い、自治労や日教組を孤立させ、連合をかつての「産業報国会」にして改憲・戦争賛成の旗を振らせようとしています。

労働者の命と誇りを奪う「働き方改革」をぶっ飛ばそう!

 改憲と表裏一体で、「働き方改革」と称して戦後労働法制を最後的に解体する攻撃が強まっています。「無期転換」をめぐって非正規労働者がクビを切られ、最低賃金レベルの「正社員」、残業代ゼロや無権利のフリーランスと呼ばれる労働者が膨大に生み出されようとしています。労働者の団結や権利を打ち砕くこの「働き方改革」は改憲攻撃と一体です。

ストライキで闘い、改憲・戦争をとめよう!

 5・1新宿メーデーから、労働者・労働組合の反撃を開始しましょう。JRと関連会社で働く労働者の労働組合である動労総連合は、安全の切り捨てや業務の全面外注化に反対し、全国でストライキに立ち上がりました。非正規の青年労働者たちは、年度末の雇い止めに反対し、非正規職という働き方そのものをなくすためにデモやストライキで闘っています。労働者民衆こそが社会を動かし、歴史を作り出す主人公です。5・1新宿メーデー集会とデモに多くの皆さんの参加を呼びかけます。



メーデーは闘いの日

☆1886年5月1日、アメリカ・シカゴの労働者が「8時間は労働のために、8時間は睡眠のために、残りの8時間は我々の自由のために」を掲げてストライキを闘いました。その闘いを引き継ぎ、5月1日を「メーデー」と呼んで、全世界で労働者がデモやストライキに立ち上がっています。

ニュースへのリンク

2018年4月11日水曜日

星野文昭さん解放全国集会



 無実で獄中43年
星野文昭さん解放全国集会

6月3日(日)12時開場 12時30分開会
会 場  サンポートホール高松大ホール
(高松市サンポート2-1TEL:087-825-5000) 



集会への賛同署名

http://fhoshino.u.cnet-ta.ne.jp/000-hyosi/09-6.3sandou.pdf



四国地方更生保護委員会への要望書
http://fhoshino.u.cnet-ta.ne.jp/000-hyosi/yobosyo.pdf






2018年4月9日月曜日

オスプレイ横田配備絶対反対

https://drive.google.com/file/d/1n8bV1IWHOEJCwkq0yX6BB-9jTmk9izwk/view?usp=sharing


オスプレイ横田配備絶対反対

直前まで隠して配備を強行
 米軍は4月5日、垂直離着陸輸送機オスプレイ5機を横田基地に飛来させ、事実上の配備を強行しました。昨年3月に当初の計画を延期し、来年秋以降と説明していましたが、突然1年半前倒して配備を強行したのです。絶対に許せません。
 発表は直前の2日前。オスプレイを積んだ輸送船が横浜に到着したその日です。地元の自治体にも住民にも、何も知らされていませんでした。
 安倍政権は3月16日に聞いていたにもかかわらず、「米側から公表を控えるよう要請された」(河野外相)として18日間も情報を隠し、その間、住民団体にも「知らない」「情報がない」と説明していました。公表すれば反対の声があがって配備できなくなることをおそれ、住民にウソをついてきたのです。森友・加計疑獄や防衛省「日報」問題とまったく同じです。

事故を多発させ、なにが「最小限」か

 オスプレイは、一昨年12月に沖縄で夜間訓練中に墜落・大破する事故を起こしたばかりです。その後も、緊急着陸をくり返し、今年2月にも部品落下事故を起こしました。普天間基地の別のヘリは、昨年12月に、周辺の保育園や小学校で、「あわや子どもの頭上に」という部品落下事故まで引き起こしています。
 横田基地の周辺にも普天間基地と同様、住宅や学校、病院がたくさんあります。今でさえオスプレイの飛来やパラシュート訓練が増えているのに、配備されれば何が起きるでしょうか。
 しかも、横田に配備する空軍のオスプレイは、朝鮮半島有事に際して「斬首作戦」(キムジョンウン暗殺作戦)のような特殊作戦を担うものです。訓練内容も、夜間に超低空飛行で山肌を這うような危険きわまりないものになります。
 そのことを百も承知で、なにが「地元に与える影響を最小限にとどめるよう日米で協力していきたい」(菅官房長官)でしょうか。「最小限」とは〈多少の事故は避けられない〉〈戦争に犠牲はつきものなんだからつべこべ言うな〉ということです。

トランプ・安倍の朝鮮侵略戦争を許すな

 しかし、事態はそれどころではありません。「オスプレイの日本配備が早まったのは、特に朝鮮半島情勢、中国の動向に対応するた4月6日付朝日新聞めだ」(政府関係者、4月5日付『朝日新聞』)、「横田は米国の権益と同盟国を脅かす勢力を排除するハブ(拠点)となる」(在日米軍関係者、4月3日、時事ドットコム)というように、今回の配備前倒しのねらいは、トランプ政権がついに朝鮮侵略戦争に踏み切るということです。
 トランプは先月、外交・安全保障担当の2人の閣僚を辞めさせ、いずれも北朝鮮への先制攻撃(戦争)を主張する強硬派に替えました。1日から北朝鮮転覆を想定した「史上最大規模」の米韓合同軍事演習が始まっています。4月南北脳会談、5月米朝首脳会談を「戦争の回避」ではなく、交渉決裂から即開戦のプロセスにしようとしています。今回の配備も、明らかにこうした態勢づくりの一環です。

朝鮮戦争は大虐殺・不正義の戦争だ

 朝鮮侵略戦争は「核兵器の使用がなくても最初の数日で最大30万人」(米議会)、「米朝核戦争が起きたらソウルで最大約203万人、東京で最大約180万人」(米大学)の犠牲者を想定するおそるべき大量虐殺戦争です。一握りの支配者の利益のために労働者同士を殺し合わせ、犠牲にする戦争です。絶対に始めさせてはなりません。
 大恐慌と没落の危機にあえぐ米トランプ政権は、生き残りをかけてむき出しの保護主義・貿易戦争と核戦争へと突き進んでいます。安倍もアジア支配をめぐって激突しながら、朝鮮侵略戦争への参戦と憲法改悪で危機を打開しようとしています。しかし、その行きつく先は三度目の世界戦争という破局の道です。

労働者の国際連帯で戦争を止め、基地をなくそう

 戦争と貧困に対して全世界で労働者が立ち上がっています。パククネを倒した韓国・民主労総の闘いは、朝鮮戦争を阻む最大の力として立ちはだかっています。アメリカではウエストバージニアで賃上げを求める全州ストが闘われ、3月25日には、高校生が銃規制を呼びかけたデモが、ワシントン85万人、全米100万人で爆発しました。同じ日、日本でも動労千葉など労働組合が先頭に立つ「改憲・戦争阻止大行進」が始まり、自民党大会への弾劾行動も闘われました。労働者の闘いと国際連帯こそ戦争を止める力です。
 パククネの次は安倍です。改憲と「働き方改革」、私物化と公文書改ざんの安倍を今こそ監獄へ!労働者は団結して闘う労働組合をよみがえらせよう!オスプレイを阻止し、横田や沖縄などすべての基地を撤去しよう!

労働者の力で改憲阻止、安倍倒そう

三多摩労働組合交流センター

2018年4月5日木曜日

築地の移転を絶対とめる! 4・14集会へ

https://www.godoroso-zenkokukyou.org/grz/?p=5354


築地の移転を絶対とめる! 4・14集会

とき:4月14日(土)18:30~
場所:京橋プラザ区民館 2F多目的ホール(中央区銀座1-25-3 TEL03-3561-5163)

■ビデオ上映:”築地フィッシュャマーケットブルーズ”(築地・仲卸で働くブルーズシンガーMaki)
■講演:”「豊洲市場」は耐震偽装”
 講師:仲盛昭二さん(構造設計一級建築士、共同組合建築構造調査機構代表)
■報告:”理研と毒物、民営化と仲卸つぐしの豊洲移転はとめられる”
    東京労組交流センター事務局長 小泉 義秀
■発言:仲卸の仲間から、福島から、東京の労働者・地域の仲間から
■共催:合同一般労働組合全国協議会・東京労組交流センター



豊洲は破綻、築地を守れ

①”森友以上の利権と五輪”
 歴代都知事が、ゼネコンや流通資本の巨大利権(森友の千倍近く)のために、違法を承知で移転を決定。同じく利権の五輪を使って、築地の破壊・更地化狙う。

②”毒物汚染は解決不能”
 地下水位を下げれば、毒物汚染も液状化も防げる”と追加工事を進めているが、水位は全く下がらず、次々毒物検出。変更届も出さない違法工事で小池は謝罪。豊洲は今も土壌汚染対策法違反で液状化も不可避。だから小池は安全宣言ができない。

③”使えない豊洲”
 ターレーが曲がれないカーブと上れないスロープ。大卸と仲卸、水産棟と青果棟が道路で分断。店舗が狭く使えない。すべて現場の意見を聞かず決めたから。千客万来施設も協議打切り。

④”発覚した耐震偽装”
 そもそも重さに耐えられない豊洲の床。そして決定的な事実が発覚、何カ所もの耐震偽装。柱脚の鉄量は44%も不足し地震で崩壊の可能性。豊洲には何と「耐震マーク」を表示。しかし「これは耐震性を保証するものではありません」と。詐欺じゃないか!

⑤”民営化・卸売市場法の廃止”
 小池ら、11市場全部の民営化を公言。モリ・カケ以上の売り渡し。

⑥“仲卸潰しと食の安全破壊”
 安倍は卸売市場法の実質廃止狙う。仲卸つぶしと食の安全破壊許すな。

●隠ペい・強行の小池は、安倍と同じ

 権力欲で、築地と都民をだましてきた小池は、これら一切を隠ペい。文書改ざん疑惑も発覚。29日には、デモつぶし、反対つぶしのために都条例を改悪。安倍とまったく同じだ。築地の魂、仲卸の誇りにかけて、安倍・小池まとめて引きづり降ろそう!

●働く者の団結だけが移転をとめる


 結局、豊洲移転はことごとく破綻状態。「絶対反対」で団結すれば必ず打ち破ることができる。たとえ幹部だけで「移転日」を決めても、仲卸の仲間が「行かない!」と団結したら、これを強制することはできないことも判明。労働組合を先頭に、働く者の団結で、あらゆる意味で理不尽・不正義な築地破壊と豊洲移転を阻止しよう!

ビラへのリンク

2018年4月2日月曜日

森友問題の本質を考える

https://drive.google.com/file/d/1DYOExFEkeMR8yfm5cIPppw7XrbFhgVRX/view?usp=sharing


森友問題の本質を考える

講演会
〜森友問題の本質を考える〜

講師 水樹 豊 さん(安保・天皇問題研究者)

★特別アピール
根津公子 さん
(元東京公立学校教員 「君が代不起立」被処分者)
「教え子を戦場に送らない!」

日時: 4月28日(土) 午後2時開始 (1時半開場)
場所: 国分寺本多公民館・講座室 (2階)
資料代:300円(大学生以下無料)

とめよう戦争への道! 百万人署名運動推進 三多摩連絡会



森友疑獄の元凶は安倍の戦争教育

 国有地の不正売却、政権中枢の関与、開示文書の改ざん発覚など、森友疑獄は、安倍政権を絶体絶命のピンチに叩き込んでいます。
 森友学園が運営する幼稚園は、園児たちに「教育勅語」を暗唱させていました。教育勅語は「天皇に忠誠をつくし、戦争になったら国に命を差し出せ」と説き、戦前の天皇制教育・戦争教育の支柱になった理念です。
 その復活を願い、森友学園の教育方針に全面賛成する安倍晋三と昭恵が、国交省・財務省を動かし、学園側の言うがままに国有地を8億円も値引きした。そしてこの国家犯罪の暴露をおそれて証拠文書の隠滅をはかり、公文書の偽造にまで及んだ。これが森友疑獄の核心でありすべてです。
 今日までに、犯罪に加担させられた財務省の職員が2人も自殺に追い込まれました。ところが、安倍はこうした職員に罪をかぶせ、自らは頬かむりして、「トカゲの尻尾切り」で逃げ切ろうとしています。
 冗談ではありません。都合の悪い事実は隠ぺいし、責任を取らない。この国の本質は、3・11福島原発事故から何も変わっていません。軍隊慰安婦など戦争犯罪の追及をおそれて敗戦直前に公文書を燃やした73年前の政府や軍部とまったく同じです。

9条改憲ノー! 今、声を上げよう!

 安倍は、「東京五輪が開かれる2020年に新しい憲法を施行させたい」「今年こそ憲法のあるべき姿を国民に提示(する)」として、憲法改正の国会発議を今年中、国民投票を来年初頭に行うという改憲スケジュールを描いています。
 改憲の中身は、「戦争放棄」と「戦力不保持」を謳った憲法9条に、「必要な自衛のための実力組織として自衛隊を保持する」と付け加えるというものです。そのねらいについて、安倍は、自衛隊を合憲化し、何かあれば命を張ってくれと命令するためだと説明しています。自衛隊を殺し殺される戦争に行かせるということです。
 Jアラートを使った「ミサイル避難訓練」も始まっています。しかし、頭を抱えるなどの動作は、本当にミサイルが来たら何の役にも立ちません。本当のねらいは、戦争のために恐怖心や憎しみを植えつけ、自治体や学校の労働者を戦争に動員することです。大学では軍事研究が始まっています。
 戦争を担わされ、犠牲になるのは、労働者であり、青年、学生です。安倍など政治家が戦争に行くわけではありません。しかし、逆に言えば、私たち自身のなかに戦争を止める力もあるということです。
 特別アピールをお願いしている根津公子さんは、卒業式・入学式での「日の丸・君が代」強制に対して、不起立で闘った元中学校教員です。根津さんは生徒たちに、「自分の頭で考え、行動しよう」と教え、自らそのことを実践してきました。
 安保・天皇問題研究者である水樹豊さんには、安倍政権がねらう改憲とは何なのか、来年の天皇代替わりはどういう意味を持っているのか、改憲や働き方改革、森友・加計疑獄など、数々の理不尽に対して私たちに何が問われているのかを語ってもらい、一緒に考えたいと思います。ぜひご参加ください。

ビラへのリンク