2017年8月31日木曜日

9/23(土・祝) 八王子デモ

https://drive.google.com/file/d/0B2HgPUAlbi38UzREX3M0c1NrQk0/view?usp=sharing


11・5改憲阻止1万人行進へ

9/23(土・祝) 八王子デモ


9月23日(土)
午後1時半 舩船森公園に集合
(八王子市明神町4丁目9)
京王線「京王八王子」駅北口裏すぐ
JR線「八王子」駅から徒歩約5分

午後2時デモ出発
<デモコース>
船森公園→京王八王子駅前→南多摩高校前→
甲州街道→桑並木通り→東急スクエア前で右折→三崎町公園

戦争絶対反対! 許すな改憲! 大行動・多摩




安倍の9条改憲をゼネストで止めよう

青年を殺す社会は終わっている

 オリンピックの建設現場で働いていた23歳の現場監督が、なんと月220時間の残業を強いられて、自殺に追い込まれた。労働者を自殺に追い込んでまでやるオリンピックって一体何なんだ! 一昨年の暮れには電通の24歳の女性労働者がクリスマスの夜、過労自殺に追い込まれた。青年を殺す社会は終わっている!
 他方、安倍首相は、何百億円もの公有地や税金を「お友達」に配って私物化している。「原発事故は収束」と大ウソをついてオリンピックを招致した。実際には汚染水を今も海に垂れ流し、多くの福島県民が故郷に帰れないでいる。
 築地市場の豊洲への移転も同じだ。オリンピック道路や再開発利権のために、築地の労働者から職を奪って更地化しようとしている。
 一体誰のための社会なんだ。ほんの1%の資本家が金儲けするための社会ではないか。こんな社会、変えよう。

僕ら労働者同士を殺し合わせる
それが改憲の目的だ


 安倍首相は、憲法9条に第3項を加えて、自衛隊を合憲にしようとしている。これは、「戦争放棄」をうたった9条第1項と「戦力不保持」をうたった9条第2項を骨抜きにするもので、自衛隊を国軍化するものだ。日本が再び市場の争奪をかけた朝鮮・中国・アジアへの侵略戦争にのりだしていくという戦争宣言だ。
 僕ら労働者にとってはどうか。安倍や自衛隊の幹部、資本家連中にとって、労働者の仲間である兵士の命など紙切れよりも軽いものだ。南スーダンで自衛隊が戦闘に巻き込まれたとき、前防衛相・稲田や自衛隊幹部が、そのことを示す日報を隠蔽しようとしたことからも明らかだ。
 戦争とは、資本家連中が僕ら労働者に行っている1%のための政治の延長だ。安倍が言う「世の中から『非正規』という言葉をなくす」とは、労働者を全員非正規にして、それが当たり前の世の中にするということだ。「残業代ゼロ法案」は、労働者は死んでも構わないということだ。「基本的人権」と言うが、僕らの職場でそれが守られたことがあるか? 職場の待遇を改善しよう、そう訴えてビラをまいたとたん、「解雇!」と言ってくる。そんな例が僕らのまわりには、ウンザリするほどある。だから、僕らは仕方なく黙らされてきた。でも黙っていたら殺される。だから労働組合が必要だ。

11・5労働者集会に集まろう

 労働者は1人では微力だ。だけど団結して立ち上がれば、歴史を変える力になる。
 韓国の民主労総(民主労働組合総連盟という韓国の労働組合の全国組織)は昨秋、ゼネストで百万人のデモを組織し、汚職のパククネ大統領を監獄にぶち込んだ。6月30日には、非正規職労働者が主体となり、「非正規職撤廃」を掲げた5万7千人のストライキが行われた。
 日本でもやろうじゃないか! 11月5日、動労千葉など3つの労働組合が呼びかける全国労働者集会と改憲阻止1万人大行進が日比谷野外音楽堂で行われる。そこに集まろう! 9・23八王子でデモをやろう!



11・5全国労働者集会
改憲阻止1万人大行進


11月5日(日)正午/東京・日比谷野外音楽堂
①正午~ 改憲・労働法制改悪と闘う労働者集会
②午後2時~ 改憲阻止各界アピール 午後3時デモ出発





 労働者を殺すな! 10・29改憲阻止集会

10月29日(日) 午後2時開始 (午後1時半開場)
八王子労政会館・第6会議室

ビラへのリンク