2015年9月11日金曜日

9.29三多摩労働者集会

https://drive.google.com/file/d/0B2HgPUAlbi38bjBDNEFJa0IwVTQ/view?usp=sharing


ABEたおせ! 闘うUNIONを!

労働者の団結で戦争法をとめよう!
解雇撤回! 外注化阻止!
9.29三多摩労働者集会

と き 9月29日(火)午後6時30分開場
ところ 八王子労政会館 第4会議室

〔発言〕
国鉄千葉動力車労働組合
国鉄神奈川動力車労働組合
JR東日本の駅で働く労働者
郵政非正規ユニオン
職場で闘う地域の青年労働者
◆ 国鉄1047名解雇撤回!闘いはこれからだ!
◆ 外注化=安全丸投げで金もうけするな!
◆ 生活できる賃金よこせ!正規と非正規を差別するな!
◆ 労働者を使い捨てにするな!
◆ 国を守るな!命を守れ! 改憲阻止!
◆ 多摩連帯ユニオンに入って共にたたかおう!
資料代 300円
主 催 9.29三多摩労働者集会実行委員会



青年の団結で、闘う労働組合をつくろう!
安倍を倒せ!


戦争反対! わき上がる怒り

 衆院での戦争法案強行採決に対して、戦争と改憲の道を突き進む安倍政権に怒りがわき上がっています。8月30日、首都12万・全国100万の人々が「戦争法案阻止!安倍倒せ!」と立ち上がりました。
 今必要なのは闘う労働組合です。非正規職労働者が4割近くに達し、青年が未来に希望を持てないような社会になった出発点は1980年代の国鉄分割・民営化でした。動労千葉は、国鉄分割・民営化と30年にわたって闘い抜き、労働組合の戦争翼賛=改憲勢力化を阻んできました。

非正規労働者が動労千葉に続々加入

 今こそ国鉄闘争を先頭に闘う労働組合を甦らせるときです。
 いまJR北海道だけでなくJR東日本でも安全が崩壊しています。山手線の電化柱倒壊(4月12日)、京浜東北線の架線切断事故(8月4日)、立川駅ケーブル火災(8月18日)など事故が頻発しています。金儲けのみを追及し、安全を担う部門を外注化・非正規雇用化してきた結果です。動労千葉は検修・構内運転業務の外注化・非正規職化に対し、ストライキと組織拡大で闘ってきました。千葉鉄道サービス(CTS)などJR関連会社の青年労働者を組織して、時間外手当の支給などを、正規・非正規の団結で闘いとってきています。
 3月に結成された国鉄神奈川動力車労働組合も、環境アクセスで働く非正規労働者を組織し、ストライキで雇い止めを撤回させる勝利を勝ちとっています。

駅業務の委託をJESSに移管


 すでにJR東日本は、駅業務をJR東日本ステーションサービス(JESS)に移管する方針を打ち出しています。JESSは、もともと清掃業務を請け負っていた「環境アクセス」から駅業務だけを分割してつくられた会社です。東京や神奈川を中心としていた委託範囲を一気に拡大し、巨大な駅受託会社になろうとしています。
 JESSの賃金制度は、正社員(エキスパート社員)の定期昇給はありません。幹部候補(キャリア社員)や管理職になれなければ生涯3回の昇給で終わりです。JR東日本は、鉄道業務を丸ごと外注化し、人件費を削減して利益を追及し、自らは持ち株会社として株価を上げることに専念しようとしているのです。

多摩連帯ユニオンに入って闘おう!

 非正規労働者でも、労働組合に入って団結して闘えば勝てます。9・29三多摩労働者集会にお集まり下さい。