2015年9月10日木曜日

多摩連帯ユニオンNEWS(JR版) 第3号 2015年9月2日

https://drive.google.com/file/d/0B2HgPUAlbi38YlJVb2EtV2F3LTg/view?usp=sharing


3波のストライキで雇用確保
ダイエー八王子店
労働組合に入ってたたかおう

閉店=解雇を撤回した

 私たち多摩連帯ユニオンは、本年2月15日、ダイエー八王子店の閉店にともなうパートの非正規労働者全員解雇攻撃に対して、3波のストライキに立ち上がりました。「雇用継続・労働条件切り下げ反対」を掲げて、団体交渉とストライキで組合員の雇用を確保したのです。
 ダイエーで働く労働者は、ほとんどがUAゼンセン傘下のダイエーユニオンに所属しています。UAゼンセンは、労働者の闘いを押さえつけるだけで、なにも闘いません。結局UAゼンセンの下では、大半の労働者がわずかばかりの慰労金をもらって解雇されたのです。
 今や労働者の37%が非正規労働者です。安倍政権のもとで、いつでも簡単に雇い止めができるようにしてきたのです。それと一体で、UAゼンセンのような 御用組合を使って、労働者の闘いを抑え込んできました。多摩連帯ユニオンは非正規の労働者であっても団結して闘えば勝てることを、ダイエー八王子店の闘い で示したのです。

金儲け優先で事故が激増

 今JR職場では駅業務の全面外注化など、職場丸ごとの合理化攻撃が強行されています。それに伴い全ての労働者に、「配転」「出向」「転籍」「解雇」「賃 下げ」などの合理化攻撃が仕掛けられています。こんな不安定な状態におかれていては、労働者は誇りを持って仕事に専念できません。さらには安全も崩壊して いくことは明らかです。
 国鉄が分割・民営化されて以降、JRの事故は増え続けています。保守・点検など安全を守る部門の労働者が削減され、正規を非正規に置き換え、金もうけ優 先の企業体質に変えられてきたからです。車両故障・架線切れ・ケーブル火災など、ひとたび事故で電車が遅れたりしたら、乗客の怒りの矢面に立たされるのは 非正規の現場労働者ではないですか!
 JR東日本は、安全を下請けに丸投げし、事故の責任を現場労働者に押しつけているのです。
 職場には闘う労働組合が必要です。今や、闘わなくては労働条件も生活も守れません。団結して闘えば勝てます。多摩連帯ユニオンは、一人でも加入できる労働組合です。労働組合に入ってともに闘いましょう。



◆突然雇い止めを言い渡された。
◆残業代が支払われない。
◆年次有給休暇などがとれない。
◆パワハラ・セクハラ、労災など。
 こんな時には一人で悩まず、ご相談下さい。相談無料、秘密厳守。
TEL042-644-9914
URLtamarentai.blogspot.com/




戦争法案阻止! 安倍倒せ!
国会包囲12万人。全国100万人。
8月30日

 8月30日、参議院で審議されている安保関連法案=戦争法案の廃案と安倍政権打倒を求める労働者・市民・学生が国会議事堂を完全に包囲し、12万人の 人々(全国で100万人)で埋め尽くされました。私たち多摩連帯ユニオンも組合旗を掲げ、午前中の国会デモから終日たたかいに起ち上がりました。
 小雨が降りしきる中、人々の波は絶えることはありません。ついに国会正門前の5車線の道路は人々で埋め尽くされました。労働組合も動員の枠を超えて、あるいは自主的に決起して立ち上がりました。
 労働組合の中にはUAゼンセンのように「安保賛成、徴兵制賛成」を言う組合まであります。UAゼンセンに限らず労働組合の名に値しない、資本家の手先と なって労働者支配を行っている組合もあります。組合幹部たちの利害のために資本家に擦り寄る輩が組合を変質させているのです。
 戦争法案の成立に躍起になっている安倍政権は、いまやグラグラです。安倍が巨額の郵便貯金や年金積立金も投入して、唯一すがりついてきた株式市場も、つ いに中国を起点にバブルの崩壊が始まりました。アベノミクスの虚構が吹っ飛び、ウソとペテンに塗り固められた安倍政権を打倒できる情勢が来ています。いま こそ闘う労働組合を甦らせましょう。職場から戦争法阻止するうねりをつくり出し安倍政権を打倒しよう!
 戦争法案の強行採決阻止! ストライキで戦争とめよう!



解雇撤回! 外注化阻止!
9.29三多摩労働者集会

と き 9月29日(火)午後6時20分開場
ところ 八王子労政会館 第4会議室




戦争法案の強行採決阻止

午後2時
国会正門前

ビラへのリンク