2015年10月23日金曜日

多摩連帯ユニオンNEWS(JR版) 第9号 2015年10月22日

https://drive.google.com/file/d/0B2HgPUAlbi38SW1CLWFVTVhDXzg/view?usp=sharing


JR関連企業=「全溶」で9回目のスト
社長は労働者の生活と安全を守れ!

 JRや私鉄のレール溶接を手がける株式会社全溶(本社:東京都練馬区)の労働者で組織する全国一般東京東部労組全溶支部で、賃金と安全をめぐって9波のストライキが闘われています。組合のビラを転載します。


 JRや私鉄各社のレール溶接を手がける全溶の労働者は10月9日、ストライキを決行し、本社前抗議アピール行動を行っています。私たちは今年7月から数えて9回目のストライキです。このように労働争議が拡大している理由は、全溶沼田社長のかたくなな態度にあります。
 沼田社長は4年前に就任して以来、作業員の残業代を減らしたり、溶接資格手当などの各種手当をカットしたり、定年以降の嘱託社員の賃金を引き下げたりするなど、働く者に一方的に犠牲を押しつけてきました。その結果、収入源をカバーするために作業員は寝る時間もなく、夜昼夜昼の連続勤務を強いられています。家族も含めた作業員の生活はめちゃくちゃにされています。

放置すれば列車運行に影響も

 沼田社長は溶接現場の作業員数も減らしてきました。作業員一人ひとりの負担は増え、作業員の安全確保やレールの品質などへの悪影響につながっています。この問題を放置すれば鉄道各社の列車運行や乗客の安全にも影響が出かねません。
 私たちが求めていることは、会社の利益率が改善したいま、もとの労働条件に少しずつでもいいので戻してほしい、という極めてささやかで控えめなものです。しかし、沼田社長は団体交渉で「もとに戻すとまた赤字になる」などと言うばかりで、合理的な説明もなく、不誠実なゼロ回答を続けています。
 (中略)
 私たちは全溶が働く者の生活と権利を守る会社に変わるまで闘っていく決意です。労働者の生活や利用者の安全をないがしろにして会社の存続はあり得ません。勝利するまで敢然と闘っていきますので、皆様のよってたかってのご支援をよろしくお願いします。
■全溶の労働者と連帯して闘おう!




こんな時、ご相談ください

◆突然雇い止めを言い渡された。
◆残業代が支払われない。
◆年次有給休暇などがとれない。
◆パワハラ・セクハラ、労災など。
 こんな時には一人で悩まず、ご相談下さい。相談無料、秘密厳守。




11・1日比谷野音に集まろう!

 安倍政権による戦争法の強行に怒るすべての皆さん。戦争を絶対に止めるという意志を固めているすべての皆さん。11月1日、東京・日比谷野外音楽堂で全国労働者総決起集会が開かれます。この集会は、労働者が自らの力で戦争を阻止し、安倍を打ち倒すための集会です。集会後には銀座へのデモも行われます。11・1集会にぜひご参集ください。

戦争阻止! 闘いはこれからだ

 戦争法の強行採決を前に、国会前には連日、数万人が駆けつけ、全国で数百万の人びとが怒りの声を上げました。これは労働者が自らの手で未来を切り開く新しい歴史の始まりです。社会のあり方を決めるのは安倍ら政治家や資本家たちではなく、私たち自身だと、多くの人びとが決意しました。国会前で初めて出会った人同士がスクラムを組み、警察の妨害をはねのけて車道を解放した時、「私たちには力がある」と皆、実感したと思います。戦争法が通っても、闘いが終わったとは誰も思っていません。闘いはまさにこれからです。

何が「一億総活躍社会」か!

 11・1労働者集会は、労働者の権利と尊厳を踏みにじって強行される外注化・非正規職化の攻撃と、国鉄闘争を軸に対決する集会です。労働者が人間として扱われない職場の実態と、労働者を戦場に送る戦争法はまさに一体です。
 安倍は先の国会で労働者派遣法の改悪を強行しました。労働者には「一生派遣」「生涯非正規職」が強いられます。年収200万円以下で、いつ首を切られるかもわからず、過労死に至る長時間労働を強制されているのが、多くの若者の現実です。こんなことを強いていて何が「1億総活躍社会」でしょうか。

ストと国際連帯で戦争とめよう

 11・1集会には、すでに3波のゼネストを闘っている韓国・民主労総を始め、ドイツ、スイス、トルコ、アメリカなどから、新自由主義と闘い続けてきた労働組合が参加します。労働者が国際的に団結すれば、労働者同士を殺し合わせる戦争は必ず阻止できます。
 ゼネストと国際連帯で安倍を打倒し戦争絶対阻止へ! 11・1集会に万余の人びとが集まれば、労働者の真の力を示すことができます。11・1日比谷野音へ集まろう!




生きさせろ! 戦争と民営化の安倍政権倒せ!
闘う労働組合を全国の職場に!

11・1全国労働者集会

とき: 11月1日(日)正午(集会後デモ)
場所: 日比谷野外音楽堂

ニュースへのリンク